アシストフックの作り方②

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。

では、アシストフックの作り方その②を行ってみましょう。

では、必要な物一式です。

ますは、アシストラインの長さを決めましょう。

前回と同じようにラインの長さはこの倍の長さより少し長めにカットして下さい。

バイスにセットします。安いやつでも結構使えます。自分はバレイヒルさんの

バイス使ってます。¥1000位だったかな?他にも使えるのでお得です。

今回はラインの幅の真ん中に針を通さないので滑り止め用にセキ糸を下巻き

します。あまり蜜に巻かないほうが良いと思います。(接着剤の溜まり場確保の為)

でも糸のテンションは保って下さい。この時はまだ接着しません。

自分は小物ばかりなので、コレで十分です。抜けた時考えます(笑。

デカイ魚がターゲットであれば、アシストフック① を参照して下さい。

片道巻き終わったら、アシストラインを載せてます。この時セキ糸でラインを包んで

しまわないように少し出しておきます。(抜けどめの代わりです。)

今度はテンションを掛けて、セキ糸を蜜に巻いていきます。

ソリッドリングを入れて折り返します。ソリッドリングの向きを注意しましょう。

そしたら、アシストライン②本とシャンクをまとめて蜜に巻いていきます。

巻き始めの2〜3周は丁寧に。

今度は1往復巻きました。最後はハーフヒッチで3回ほど結びます。

瞬間接着剤を染み込ませます。少しづつ全周に染み込ませて下さい。

乾燥させたら出来上がりです。お疲れ様でした。

海が荒れた時などに作ると良い暇つぶしになりますよ(笑

ではまた。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. アシストフック作りって楽しいですよね。
    針の大きさやアシスト長の長さとか妄想しながら巻いていると知らぬ間に量産しちゃってます。

    ところで気になったんですが、アシストラインの出す方向、フトコロ側に出してセキ糸で巻くのが普通と思っていたんですが、何か理由が有っての事なのでしょうか?

      • keepgoing
      • 2017年 7月 17日

      イカリーダー様、はじめまして。コメントありがとございます。
      あぁ〜量産しちゃってますか?(笑 いつの間にか増えちゃってますよね!
      さて、アシストラインを出す方向についてですが、懐側にだすとフォールの際、
      針先が内側に向きすぎるような気がするので、(あくまでイメージですが)
      なるべく針先を外側に向けたかったからです。掛かり優先です。(笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る