スピニングリールを分解する!

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。
先日YouTubeで釣り情報を探していたら村田氏がリールの水洗いについて
の動画がありました。(ソルト使用での塩の落とし方とか)
村田氏は溜め込んだ水の中にリールをぶっ込んでハンドルとか回したりして
細部に入った塩を落とすそうです。
メーカーもそういうメンテナンスは推奨していません。
内心(いやいやいや!ないない!)と思いましたよ。OHもする自分としては
そんなことしたらケース内でグリスがエライことになっているじゃん!
とか、開けたらカビが・・とか連想しました。
けど気になりますよね?そういうメンテ方法。ステラだからそれができるのか?
ミドルクラスでもイケるのか?最近のリールは防水性能が向上したからできるのか?・・・と言うことでやってみました。(真似をして壊れても責任は持てません。自己責任でお願いします)

登場願ったのは旧ストラディック4000です。(写真は同2500)
釣行から帰ったら流しに水を溜めリールをぶっ込んでハンドルをぐるぐる回す。
そしてよく水を切ったらスプールを外し次回釣行まで部屋干しを4回ほど行いました。いよいよ分解です。

おっとっと!分解前に問題発生!ハンドルが折りたためません。ここは気にして
なかったな?今回の水洗いでなったのかは微妙。とにかく中身にいこう。

スプール関係を外したらローターを外す。ネジの回す方向に注意ですね。あと
ナットの位置に注意(最初のうちはマーキングしとくと良いです。)

よくあるのがローターにシムがくっ着いてくること。組図を見れば判るけど
落としたことに気が付かないこともある。

はい、ココ大事でぇ〜す。ワンウェイクラッチの部分ですが締め加減注意です。
収まる位置も決まってますので最初はマジック等合わせ位置をマーキングしとくと○

今回一番心配したのがワンウェイクラッチの部分。錆びてはないですね。

こちらも問題なし。すごいですね最近のリールは!防水性が格段に上がっていますね。
なんたって水の中にぶっ込んでこの状態ですからね。

こちらはプロテクターで隠れているネジ。

全く問題なし。もっと白濁しているかと思ったけど、水が入った形跡すら無い。
このクラスのリールでもしっかり作り込んでるとは凄すぎ。

ウォームシャフトタイプのリールはこのシムを外す時は要チェックです。位置と枚数は気をつけて。
カウンターギアが入っているタイプはいくらかマシだけど、ピニオンギア直結タイプだとコツコツと不快になりやすいです。

今回ラインローラーの写真は無いけどもちろん問題なし。
けど、この水洗い方法は個人差が出やすそうだね。長い時間漬けていれば当然水は入るだろうし、入ったらほぼ抜けないね。真似をして壊れても責任はもてません。(笑
ではまた。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る