サーフエギングはショア・ティップランが合う?

スポンサードリンク

2017年12月1日・・・・・

はい、お疲れ様です。またしても先週の釣行がお預けになってしまい、どうにも我慢が

できないkeepgoingです。知り合いから釣行延期のお知らせメールがきたので、どうやら

海のコンディションは良くないようだ。で〜も〜ダイジョブ! ?!

行けばなんとかなるさ!とクルマを走らせるのであった。本日のお題は

●サーフエギングにはショア・ティップランが合う?

で行きたいと思います。

現地に着いてみると風は無いものの、波高いじゃぁん(泣  時合的には下げ止まり前。

下げでこの波の状況だと上げ時合ではもっと厳しくなる。2時間程投げてみたが当たり無し。

チャンスは満潮での潮止まりに絞って仮眠する。

3時より再開。前回から投入したソリッド・ティップのエギングロッドが気に入ってしまい

今回も使用したが、サーフエギングには相性がいいと思いましたね。

エギが着水してからライン・スラッグを取ってテンション・フォールするとエギの動きが

ティップに出る。今回のように海が荒れているとティップが動く動く(笑。

そんな状況でもエギの着底が判るんです。着底が判るからフォール時間を長くできる。

今までは着底が判らなくて何本も根がかりして、根がかりが怖いからと中層までしか攻められな

かったのに比べれば釣果が上がるのは当然ですよね?エギのロストも前回に続いて0本でしたし。

そして、あと30分くらいで潮止まりと言うところでティップがクイッ!て入る明らかにイカ

の手応え!と言いたいところだが、この荒れ方ではイカだかゴミ袋だか判らなかったよ。(笑。

ただただ波に揉まれないようにラインのテンションを頼りに寄せ波とタイミングを

合わせるように前に出たり引いたりと忙しかったわ。3回引き波を否して上がってきたイカは

触腕にかろうじてかかっていた。この後は満足してしまったので撤収しました。

ソリッド・ティップ恐るべし。

ではまた。

今日の釣果

アオリイカ×1

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る