シマノ ボビン・ワインダーを使ってみた。

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。

今日はシマノさんのボビンワインダーを使ってみた感想を書いてみようと思います。

流れとして

①FGノットとボビンノットをならべてみた。

②ボビンノットを結束するときのコツ

この2つでいってみます。

 

①FGノットとボビンノットを並べてみた。

今回結束に使用したのはライトタイプ

スプールがシルバーのやつね。使い方は説明書もしっかりしているし、シマノさんの

サイトで動画での解説もあるから解りやすいと思います。

 

実際に結束してみました。PEライン0.8号とリーダー2.5号を結束です。

上段にあるのが前回に第一精工さんのノットアシストで結束したFGノットになります。

(FGノットのほうが少し長くなってますが、ハーフヒッチが緩かったのでしょうかね?

2回実釣したらこんなになってました。だだ、スッポ抜けの気配はありません)

下段はシマノさんのボビン・ワインダーで結束したボビンノットになります。

ここで実験。シマノさんの解説ではノットの巻きつけ長さを7㎝〜10㎝を推奨しています。

しかし、オカッパリで使用するにはキャスト時に不快感が予想されるのでFGノットと同じくらい

の長さで巻きつけました。これでリーダーのスッポ抜けがなければボビンノットも捨てがたい

選択ですね。来週にでもテストしてきます。

 

ボビンノットを結束するときのコツ

ところで、このボビンワインダーなんですが、ちょこっとコツが必要です。(コツというか

練習ですかね。)リーダーにPEラインを巻きつけるときボビンごと振り回しますが、これが

慣れないとうまく回らない(笑。

なるべくボビンとリーダーを離さないように巻きつけるのがコツです。ボビンがリーダー

から離れるとラインの間隔が蜜に巻きにくくなります。そして、ワインダーのスプールの

テンション調整の方法。

シマノさんの動画では、巻がキツイようだったらドラグを緩め・・・と解説されていましたが

プロならではの解説と感じました。ボビンのドラグ調整つまみはノッチ式ではなく

目安となる目印もありません。まさに感で調整です。初めて使う方は戸惑うと思います。

自分はそのまま使ってみましたが、調整がキツかったらしくリーダーが捻れてしまいました。

要は、キツイと捻れて緩いとPEラインの色が変わらない(締め込みが良好だと

PEラインの色が濃くなる)となります。ではテンション調整をどうすれば良いのか?ですが、

目安として、殆どの方が実釣の際リールのドラグを調整すると思います。

手で糸を引き出してチリチリチリと(笑、そのテンションと同じ感じでボビンのテンションを

合わせてみて下さい。1・5号くらいまでならその感じでいけると思います。

あくまで目安なので、縮れたり色が変わらないなどしたら微調整してください。

金色のスプールのやつは違う調整方法になると思いますので、今回はライトタイプ限定

のセット方法と言うことでご理解願います。

では、また。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る