メタルジグのコーティングでもするかな?

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。

休日なのに海のコンディションが悪くて釣りができませんね(泣

こんな時は予備のメタルジグにウレタンコーティングをしておこうと思います。

コーティング剤にはいろいろな種類がありますが、(例えばマニュキュアだったり、

2液性のもの、ウレタン系、セルロース・セメントなど)耐久性や価格などから

主にウレタン系かセルロース系がよく使われ、それぞれ長所・短所があります。

ウレタン系は空気中の湿気によって硬化するようで、短期で使い切れる量を購入するほうが

良いです。開封後に長期保存すると固まってしまうことが有ります。

長所としてはコーティングが厚くできることや塗装の剥離が起きにくいことかな。(同じ

ウレタン系で塗装されたものは侵されてしまうかもしれません。)

セレロース系は、どぶ漬け〜どぶ漬けの間隔を開け過ぎるとコーティングが割れるものが

あり、少々慣れが必要です。また、第一石油類の塗料で塗装された面には色止めをしないと

どぶ漬けした時に塗料が流れたり。また、塗装が剥離してしまうことが有ります。

長所は比較的固めのコーティングができます。

 

今回使用したウレタンコーティング剤はTOHOさんのウレタン・フィニッシャーという

コート剤です。ちなみにノン・トルエンタイプです。これなら塗装面の色流れや

剥離も無さそうで安心してドブ漬けできそうですね。

UVカット剤配合が嬉しいですね。一液性のコート剤は紫外線で黄ばんでしまいますから

コーティングは至って簡単です。ハンガーを作って(針金をS字に曲げるだけ)どぶ漬け

するだけ。

どぶ漬けしたらゆっくり引き上げて下さいね。速く引き上げ得るとコート剤がもったいないよ。

あと、薄め液等を入れて撹拌した時は泡に気をつけて。

後は上下入れ替えながら5回くらいどぶ漬けしてあげて下さい。

使った感想は、結構シャバシャバしている。そのままどぶ漬けしても塗装の剥離が起きる

ジグはなかった。乾燥時間も速くとても使いやすいものでした。

ではまた。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る