サーフトローリング、弓角仕掛けの問題点。

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。

サーフトローリングをされている方へ。

市販の弓角を使用していると、リーダーがぐちゃぐちゃに絡まりませんか?

そういう自分も最近まで釣行毎にリーダーが絡まって、釣行時間の後半は釣りをしてるのか

絡まりを解いているのか(笑

どうすれば、絡まりなく釣行できるのか、ずっと考えていたんです。そして絡まり頻度

を減らすことができたので、ちょっと書いておこうと思います。

 

では、なんで弓角のリーダーは絡むのか?それは、弓角自体が回転するためです。

投げて、巻いてを繰り返す作業を繰り返すことで弓角が回転し、リーダーをねじっていきます。

長いリーダーはある程度まではねじれを吸収できますが、限界を超えると縮れてしまいます。

自分が始めた当初、トレーラーと弓角を5号のリーダーを長さ3.5mで結んでいました。

この仕様だと、釣行の1/3は絡まりを解いている時間でした。回りが釣れまくっている中

リーダーを解く作業は苦痛のなにものでもありません。

そして、対策として最初に導入したのがコレ!

ローリングサルカンです。(しかもダブル!)

コレで蓄積されたねじれを開放してやろうと・・・結果、気分的に良くなったかな?程度(泣

いいアイテムを見つけたと思ったのですが(笑

では、サルカンより回転性能を上げてやろうと導入したのがコレ!

ボールベアリングサルカン導入!これで回転によるねじれ対策は完璧のはず。

しかぁ〜し!完璧と思われたこのアイテムにも弱点が発覚! そう、砂に弱かったorz

ベアリング部に砂を噛むんですコレ。で、砂を噛むとローリングサルカンより性能が

落ちます。

またまた考えた。弓角って漁具なんだよね。漁師さん達はそんなに仕掛けを替えないよな?

水揚げ量も釣り人とは比較にならんし、しょっちゅう仕掛けを替えていたら赤字になってしまう

それにタチウオの仕掛けの太さを聞いた時は、そんな太いハリスで釣れんの?ってくらい

太かった。ってことは?弓角の形状は、太いハリスを使うことを前提に創りだされた形状

ってことじゃぁないかい?

それじゃぁ太いハリスで釣れるかどうか試さにゃぁいかん! ってことで、リーダーを

思いっきり太くして8号で釣行。サルカン+8号のリーダーで最後にコブができてしまったが

絡まりは0で通せた。気になった釣果だが、まったく問題なく居れば喰ってくる。

いつのまにか細いリーダーが釣れると刷り込まれてしまったようだ。たしかに

そうした状況もあるとは思うが、弓角に関してはもっと太くしても問題無さそうだ。

漁具ってすげぇ!

ではまた。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る