REVO LT7はどこが変わった?

スポンサードリンク

はい、お疲れ様です。

アブガルシアのベイトリール REVO LT7は先代のLTとどこが変わった

のでしょうか?今回OHしてみたので、変わったところや注意する所など

ピックアップしてみましょう。

おぉ〜、サイドカバーが先代までのネジで固定するタイプからシマノさん

みたいなロック式に変わってる!

マグネットブレーキもⅢ型になって磁石の数が増えてます。Φ5×3mm5個と

Φ5×1.5mm5個着いてます。スプール系がΦ33mm→Φ32mmに変更になったので

ブレーキが強すぎるかな?と思いましたが、使った感じは◎当たり引いちゃったかも(笑、

コレ注意ね!サイドカバー(ハンドル側)にある小さな小窓があるのだけれど

ハンドル側のサイドカバーを外すときは先に小窓をはずさないとギアが引っ掛かって

外れません。

このモデルになってからリターン・バネにブッシュが着いてます。

品番は違うけど同じものです。無くさないように注意です。

そのブッシュは赤丸の部分に入ります。

おやおや、先代まではこの部分は2分割(assyですと3分割)だったのに

一体ものになりましたね。メンテが助かります。ありがたや、ありがたや(笑

右側の部品は先代まで2分割でしたが、一体化されてますね。そして、ラチェットを

リリースするパーツの下にプレート(左側の部品)が付きましたね。

以前まではフレームに直に接してしたので削れてしまった個体があったのでしょう。

部品構成がシマノさんのベイトリールと似てきました。abuさん頑張ってますね。(笑

この部分は先代からだけどフレーム側に小さい突起があるんだ。個体差でここの

ベアリングホールがキツイヤツがあって、ベアリングが奥まで入っているか

わかりづらい個体がある。必ずプレートの穴と合致していることを確認して

ネジを締めていってね。プレートが浮いたままでもネジは締まってしまいますので

プレートが曲がってしまいます。

(左ハンドル仕様です。)

ラチェットプレートの向きはドライブシャフトを上向きにした時にプレートの

キザギザの絶壁側ハンドルなら左向きハンドル仕様はに向くように

取り付けます。

あぁ、あぁ、忘れてた!サイドプレートを取り付けている長いボルトがなくなった

ため、レベルワインダーのサポートピンの位置が下側に変更されてます。

そのため、クラッチレバーを取り付けるネジが閉めづらくなっていますので注意

が必要です。ドライバーが真っ直ぐに入らないのでネジ溝を嘗めないように。

代を重ねるごとに進化してます。銭闘力も高い!ありがたや〜

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る